組織課題解決ツールの要件定義から実装まで

企業名:社名非公開
サービス名:非公開(組織課題解決ツール)

人材系サービスを提供するJ社は、人材開発プラットフォームの創出をタレントマネジメントの観点から目指しています。

当時J社はプロダクトを作る際、プロトタイプについてシステムに実現する具体的な知見がないという課題がありました。当社は定期的にお客様とmtgをおこない、言葉の定義や今作りたいものの具体化をし、プロダクト制作を進める中で、機能の要件定義やUIの定義、業務フローの整理をおこないました。また、プロダクトの開発、実装も当社で担当いたしました。

デザイン担当の声

サービス内部のUIを担当いたしました。弊社の開発担当がお客様に希望の機能など擦り合わせをし、それを元に作られたラフ案をデザインに起こしていきました。希望に合わせてタブやポップアップを追加し、制作の進捗共有はチャットとmtgでおこないました。配色については、サービスのユーザーイメージからキーワードをいくつか出し、コーポレートカラーに合わせてサービスのイメージに合った配色を検討しました。

開発担当の声

お客様の中で今後プロダクトが変わっていく可能性があったため、柔軟性を意識して開発しました。開発言語はメジャーなReact、javaで実装することで、将来別のエンジニアが運用を引き継ぎやすいようにしました。

一覧に戻る